カナダで外人してます。アルペンスノーボードが大好物な野麦寺修行僧。日本から強制連行されたインコとイモリとオンタリオ・バリーで暮らしてます。


プロフィール

カナブン

Author:カナブン
カナダ・バンクーバエリアからオンタリオに引越しました。
日本の友達への近況報告のために書いてます。

◎スノーボード頑張ってます。
◎日本から連れてきたインコと暮らしてます。









スポンサードリンク



カテゴリ



最新記事



リンク



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






インコもイモリも移住
まいど。







日本からカナダに来るときに手続きなど大変だったインコチン。

また帰るのに色々しないといけませんが、来たときよりマシです。


鳥インフルエンザ、ウエストナイル熱の関係でカナダ・オンタリオで21日間の

係留保管でこの2つの症状がないことを、カナダの政府機関であるCFIA

(Canadian Food Inspection Agency)からの衛星証明書を発行してもらう

必要があります。

詳しくは⇒ 厚生労働省の動物の輸入についてのリンク



去年の暮れまでは、インコ持込可能地域はカナダ(オンタリオ州を除く)になっていたのです。

2年前だったかにウエストナイル熱を蚊から検出したとかで、オンタリオでの係留保管は

認められていなかったので、バンクーバーに車で行って4週間ほど民宿みたいなところで

滞在して係留保管を受ける予定だったのですが、間際で規則が緩和されて助かりました。


21日間の係留保管とは、蚊の進入がなく、他の鳥や動物との接触のない施設(個人宅可)で

行うもので、特に大したことはないんですが、この期間中に獣医に来てもらって

検査をしないといけないとか聞きました(お金かかります)。

この21日間の係留保管後にもらえるCFIAから発行の衛生証明書と、労働厚生省に提出する

申請書を揃えて日本に帰国し、成田空港内の動物の輸入届出カウンターに提出します。


ややこしそうに聞こえますが、カナダに来るときよりずっとシンプルです。


ややこしいのは航空会社で、アメリカにはインコを持ち込むのは非常にややこしいので

アメリカ経由で帰ることは絶対できません。(処分されます)

AirCanadaは鳥を一緒に運ぶことはできません。貨物としてのみです。(別便)

なので、JALかANAになりますが、どちらともバンクーバーからしか出ていないので

バンクーバーまで行かないといけないんです。


イモリはどの航空会社もだめなので(なんで犬猫鳥が良くて、イモリがダメなのか分からない)

AirCanadaカーゴで貨物として別送します。

成田での受け取りになるのですが、ターミナルから離れているので

夕方に付く便しかないJALではその日の受け取りができません。

なので、成田で一泊して翌日イモリを受け取り、また夕方にセントレアに行くことになります。


と、いうことで・・・

バンクーバーまで鳥を手荷物として運べるのはWestJetのみなので、トロントから

バンクーバーまでWestJetで行って、国際線に乗り換えてJALで成田へ飛び

インコの手続きをして、成田空港近辺で一泊し翌日イモリを引き取りに

AirCanadaカーゴのある貨物エリアに行き、同日夕方にまたJALでセントレア行き。

という経路です。




イモリですが、来るときも書類の提出は必要なく、またもし帰るときにも必要ないとは

言われていたのですが、いつも親切に対応して頂いている厚生労働省の検疫衛生課の

ご担当者さんから、念のために確認してもらった方がいいですよと言われ

関税の電話番号を聞いたので、とりあえず電話しました。

そこにかけても詳しくはこちらでは分からないのでと言われ、他の機関に聞いて下さいと

その後たらいまわしにされたのは言うまでもないですが

結局、環境省 自然環境局 野生生物課 外来生物対策室と農林水産省 動物検疫所と

あと税関のなんだったかに電話したんですが、元々日本古来の固体のシリケンイモリなので

ワシントン条約のいわゆる「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」に

係わることもないので、書類もなにもいらないんですけどね。


「シリケンイモリはどうでしょうか」と聞くと詳しく分からないのでと言われ、とりあえず

ココとココとココに電話してくれと頼まれました。政府機関はいつも分からないとパニくりますね。

(ちゃんとした回答をしないといけないという責任感からでしょうね。)

適当に返事をされるカナダ政府機関よりずっとマシですけど。

カナダ政府機関の人なんて、人によってまちまちに規則を覚えてるので

聞く人聞く人違うことを言います。

ボスに聞いてメールで回答してもらわないと、言った言わないの話になります。







コメント
カナブンさん
カナブンさん、お久しぶりです!

まだ、日本におります。私も色々な準備等で忙しく、ここのところ体調を崩してしまいましたが良くなりつつあります。

カナブンさんも検疫のことやお引っ越しのことで、お忙しいと思いますので体調を崩されないようにされて下さいね。

モグちゃんが元気に日本に到着される様にお祈りしています。

私も3月中にまた移動する予定です。

お互いに頑張りましょう❗️


[2016/03/14 06:03] URL | jundy #ccuLUBaA [ 編集 ]

To jundyさん
ボクの体は頑丈なんですけどね。
風邪を二回もひいたので少し精神的にきてたのかなとは
思うのですが、今は結構気が楽です。
忙しいですけど、もう少しですからね。

一番心配なのがモグちゃんです。
飛行機の中でうるさくないように、防音(遮音)の
ケースを作る予定です。体力はあるので大丈夫なんですが
音によるストレスが気になります。

また3月に移動ですか…そちらも大変ですね。

お互いがんばりましょう。

[2016/03/14 21:50] URL | カナブン #- [ 編集 ]

カナブンさん
確かに飛行機の音はうるさいので、防音ケースがあると安心ですよね。

それにしても、モグちゃんの移動距離はインコの中でナンバー1かもしれないですね 笑

また是非、日本への帰国の手順など参考にさせて下さいね。
[2016/03/18 18:08] URL | jundy #ccuLUBaA [ 編集 ]

To jundyさん
動物の事を考えてくれるなら、防音の部屋作ってくれればと
思うんですけどね。小さいケージに400ドルも払うんだし。

良くはないことですが、これまでに飛行機乗った回数は多いですね。
乗り継ぎしてますから。4回乗ってます。
この引越しでまた乗り継ぐので、引越し後は7回になります。
地球3/4周くらい回った距離になるんじゃないでしょか。

日本へ帰るのはわりと簡単です。カナダに来たことを思えば。
日本がどれだけ良い国か分かります。
[2016/03/18 21:49] URL | カナブン #- [ 編集 ]

カナブンさん
飛行機7回、地球4分の3周😃💦
モグちゃんの移動距離は凄いですよね。

飛行機は、防音にして頂けると確かに助かります 笑
かなり飛行機の音はうるさいですからね。

いよいよ、30日に日本を出発することになりまし
た。
頑張って来ます❗️
[2016/03/23 08:21] URL | jundy #ccuLUBaA [ 編集 ]

To JUNDYさん
今日、モグちゃんのフライトを予約しました笑。
シートは取れませんでしたが・・・

WestJetでは、動物用の貨物室がコクピットの下にあるらしく
そこなら騒音も少ないので助かりました。

JALではおそらくボーイング787とかなので
後ろ方のカーゴスペースになるのでうるさいと思います。

防音ケースの材料買ってきたんですが、WestJetで拒否されたので
作る意味がなくなりました笑。

あちこち移動で大変ですね。体調壊さないよう気をつけて下さいね。
[2016/03/23 21:49] URL | カナブン #- [ 編集 ]

カナブンさん
ありがとうございます。
重度の花粉症なので今は辛いですが、何故か海外の方が体調が良いです 笑

モグちゃんのフライトを予約されたのですね。
コックピットの下あたりなら、騒音の心配はなさそうですね。
良かったです❗️
[2016/03/24 09:18] URL | jundy #ccuLUBaA [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。