カナダで外人してます。アルペンスノーボードが大好物な野麦寺修行僧。日本から強制連行されたインコとイモリとオンタリオ・バリーで暮らしてます。


プロフィール

カナブン

Author:カナブン
カナダ・バンクーバエリアからオンタリオに引越しました。
日本の友達への近況報告のために書いてます。

◎スノーボード頑張ってます。
◎日本から連れてきたインコと暮らしてます。









スポンサードリンク



カテゴリ



最新記事



リンク



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






板を送り出す。
まいど。







今日、レベルアップした音が聞こえたような気がします。


今日まで、セッティングだとか何に今まで気をつけていたのかだとか

前にいないといけないのか後ろなのかとか、色々試してたんですが

今日ナイター行ってココかなというポジションをやっと見つけました。

IMG_0656.jpg

そのポジションだと、疲れにくいし、エッジも噛むし、いいんじゃないかなと

思って滑ってたんですが、コンディションがちょっと気を抜くとズレやすい

ややアイスバーンで、エッジが噛むアイスバーンではなかったです。

なので、非常にポジションが大切なコンディションでした。



で、いままで今まで忘れてたことがあったので試してみました。

谷での加重を下方向でなく、進行方向にということです。

たわいもないことなんですが、これをしてある人に教えてもらったことを

感じ取れたような気がしました。


谷で板を踏む時は体の重心を中心に下に加重する感覚だったんですが

それを足裏から板の横方向と平行で、かつ斜め前に加重する。です。

説明しにくいんですが、結局足裏から雪の中、斜め前下に加重です(図1)。

図1
IMG_0658.jpg

緑が板の進む方向、紫が足裏から力がかかってる方向。

結局、板を押さえつけながら前に板を送り出す方向です。

送り出すと言っても、本当に送り出してしまうと後ろに乗ってしまうかもですが

体で体重移動〔前足→後ろ足〕をする感覚でなく、板を両足前に押し出す感じ。

谷からターンの1/4までの話なので、一瞬です。

図2


押し出す方向はターンの円弧上でなく、赤矢印の方向(図2)。

かつ、体はターン内側にいつも通り入っていく。

もちろん赤矢印方向に板を送り出しても、板がしなって

ターンを始めるので板が体から離れることはない。

図3
IMG_0659.jpg

体の重心からエッジに向かって加重すると、ある程度まで噛みますが

ある程度のスピード超えると抜けるときがあります。

足裏から赤矢印方向(図3)に体重をかけるのは物理的に無理かもですが、

意識してこの体勢でつま先だけで立ってる間隔で板を押さえる感じ。

かつ送り出す動作。

これをすると、急斜面でエッジ抜けてしまう荒れたアイスバーンの

箇所でもガッチリ噛んでカービングできました。


今日はビッグターンだけで練習してましたが、膝もあまり痛くないし疲労も少ない。


って、分かりますかね?

気付くの遅すぎ?

これは私だけの感覚かもですが、合ってますかね?


前から加重は斜め前にと思ってしていたのですが、今日は

加重のベクトルの出発点を足裏に変えました。

ベクトルの先は同じかもですが、出発点が違うので進む方向が違います。


踏み始めは板をコース外側(図2)に押し出すので、板は少し体から離れる感覚があるかもですが

板が立ちだすとカービングし始めるので、もちろん板がこっち(ターン内側)に向かって

入ってきますので板に乗っかって踏めます。


何度も言いますが、自分だけの感覚かもなので、他の人と違うかもです。

何かアドバイスあったらお願いします。










コメント

ペプシマン使ってくれて嬉しいです!ありがとございますm(ΦwΦ)m
ズゴックも使ってくれて良いですよ(←使えんわな笑)

私も昔、自分の師匠にこれ言われた様な記憶が(汗)
言われてもスグできないんで、すっかり忘れ(て)ました。
[2016/01/31 06:46] URL | どら七 #uex3/g4E [ 編集 ]


アドバイスは自分の技術レベルでは到底できませんが、
仰ってることは、なるほどと思わせるものです。
自分も今度試してみたいです。
押さえて両足で送り出す、かつ身体は遅れないように、ですね。
両足の送り出しは、自分は前の所属先で、
ある人に同じようにアドバイスをもらいました。
自分がそのようにしたつもりでも、
「後ろ足の送り出しを前足が邪魔してる(止めている」
とよく言われました。
で、それなら、とやると今度は身体が後ろに残る。
実に難しかったです。なので未だにできてません。
カナブンさんの気付きで必要性があるとわかったので、
次回意識してみます。
[2016/02/02 01:14] URL | あくせる #2ya7jnyc [ 編集 ]

To どら七さん。
ペプシマン、結構可動範囲多くていいですね。
アルペンの板とブーツがあったらよかったのにって
動かす度に思います。
ズゴックはあのポジションは無理でしょうね笑

板を送り出す「感覚」を持つだけで結構違います。
送り出せると、板がスっと一瞬ですが
体と違う方向へ走る感覚があるんですが、一瞬なので
すぐに戻ってきます。
滑ってる途中で思い出したんですがよかったです。
[2016/02/02 22:39] URL | カナブン #- [ 編集 ]

To あくせるさん
送り出す感覚は、押すでもなく、前に出すでもなく
板を自分で走らせるような感覚でした。表現が難しいです。
感覚だけだし、一瞬のことなので間違ってるかもですが。

体が内側に入ってく段階で、板がそのまま斜め横に走る感覚が
あるので板が体から離れそうな感じはあるんですが、実際は
たわんで戻ってくるんですけどね。

これをすると後ろ足がよく使えるようになりました。
[2016/02/02 22:44] URL | カナブン #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。