カナダで外人してます。アルペンスノーボードが大好物な野麦寺修行僧。日本から強制連行されたインコとイモリとオンタリオ・バリーで暮らしてます。


プロフィール

カナブン

Author:カナブン
カナダ・バンクーバエリアからオンタリオに引越しました。
日本の友達への近況報告のために書いてます。

◎スノーボード頑張ってます。
◎日本から連れてきたインコと暮らしてます。









スポンサードリンク



カテゴリ



最新記事



リンク



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






工具で貧乏
まいど。






電化製品も好きですが、工具も好きです。

日本にいるときは、あんまり使わなくてもとりあえず持っておきたかったので

なんだかんだと持っていましたが、こちらにきて貧乏なのはもちろん

置いておくスペースや、騒音(エアコンプレッサー)や火花(溶接機)が

アレなので買えません。



話は少し変わりまして、こちら北米ではマシニスト、いわゆる機械工は

工具は自分持ちなんです。

日本では機械工の資格(旋盤とかフライス盤)ってなかったと思いますが、

こちらでは資格になっており、その一資格をとるために私も頑張っております。

日本では工具などは会社で用意されてるものがほとんどだと思います。

こちらは”会社からの貸与”や”共有治工具”だと雑に扱うので

すぐに使い物にならなくなります。

なので、その対策として自分で工具を揃えろ。なんです。

ずっと昔からなんで、ずっと昔から北米人は雑なんだと思います。

日本だけです。大切に物を扱いなさい。と言ったらそうするのって。



で、話を戻しまして、良いマシニストになるには技術も必要ですが

工具や工具箱も揃えて一人前です。

よりたくさんの工具を持つことによって、よりたくさんの種類の仕事ができるので

より尊敬され評価されます。

なので、私も買わないとダメなんです。

今は直属の上司にほとんど借りてます。

自前の工具はそんなになく、デジタルノギス(6インチ、12インチ)、

マイクロメーター(0-1インチ、1-2インチ)、ハンマー類、

六角レンチセット(メトリック、インチ)、エッジファインダー・・・

細かいので全部挙げませんが、刃物系があんまりありません。


なので貧乏ですが、評価にもつながるし、歳食っててドリルの一本も

持ってないのも恥ずかしいしで、マシニストになるために買いました。

近くの工具屋はあるんですが、極端に安いところ(品質はあまり良くない)と、

割高の店しかないので、ネットで検索してアマゾンで購入。

20150618_840728.jpg

今日届いた荷物。

20150720_191432.jpg

中身は二つ。

20150720_191714.jpg

ドリルセットと刻印セット。

ドリルセットはサイズの種類がこれの倍入ってる、倍高いのもあるんですが

いつ使うのか分からんサイズも一緒に買わないといけないので

とりあえず今はやめときました。でもケースは一緒なので、後から足せます。


下の工具はフライカッターなのですが、チップの取り付け角度が

欲しいものと実際来たものが違ったので返品します。

20150715_173659.jpg

これは20150618_840728.jpgで買ってません。

他サイトです。



エンドミルなども欲しいのですが、今は研修中でまだ配属先が決まってないので

買って使わない部署に配属されたらイヤなのでとりあえず上司のを借りることにします。

べらぼうに高いし。


今の会社に勤めて3週間が過ぎました。

今は研修で、フライス盤の部署にいます。

最初は簡単な仕事だったんですが、先週からどんどん仕事を

頼まれるようになり、難しめな仕事も頼まれるようにもなりました。

本当なら3ヶ月間同じ部署での研修で、3ヶ所回るらしいのですが

私は1年間の経験があるので1ヶ月ごとに違う部署に行くらしいですが

研修予定を聞かされてないのでよく分かりません。

仕事は前より簡単ですが、大きくて重いので疲れます。

精神的には一億倍楽です。







コメント

うぉ~、工具は男のロマンですよね!

工具箱見ると、なんとなくその人が事が分かる気がするし

ボクは資格だけ自動車整備士だったりしますが、バイク触るだけの工具しか持ってません

なんかその工作機械の刃物を見ると、萌えるものがあります
金属の塊りが一つの芸術的な部品になって行く様に、感動すら感じます

スーパーなマシニスト目指して、頑張って下さいね!!




[2015/07/21 06:31] URL | タニナカ #JalddpaA [ 編集 ]

To タニナカさん
そうです。工具や工作機械は男のロマンです。

やっぱり資格持ってるんですね。
バイクをあそこまでハラせるタニナカさんに憧れます。
昔は整備士になりたかったんですが、車系ビジネスは
大変だと聞かされていたのでやめました。

刃物ですが、ボクは昔月一で発行されていた
「ナイフマガジン」を買ってました笑。
中学の時にバタフライナイフを先生に見つかって
没収されそうになったので、ダッシュで逃げた記憶が
あるようなないような…

年齢からいくと経験年数が少ないのでアレですが
いろんな加工法を覚えて、スノーボード用品作りに
生かしたいと思います笑。
[2015/07/22 21:56] URL | カナブン #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。