カナダで外人してます。アルペンスノーボードが大好物な野麦寺修行僧。日本から強制連行されたインコとイモリとオンタリオ・バリーで暮らしてます。


プロフィール

カナブン

Author:カナブン
カナダ・バンクーバエリアからオンタリオに引越しました。
日本の友達への近況報告のために書いてます。

◎スノーボード頑張ってます。
◎日本から連れてきたインコと暮らしてます。









スポンサードリンク



カテゴリ



最新記事



リンク



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






そろそろ再始動
まいど。






日本からの一時帰国後、時差ボケと忙しいのを乗り越えてからも

色々考えることがあり中々ブログ更新する気力が起きませんでしたが

深く考えていても始まらないので、ボチボチ行きたいと思います。



こういうときは、ゆずの曲でも聴きながらどうぞ。




一時帰国のときの土産話でもしていきたいのですが、明日も滑りにいかないと

いけないので今日は手短に。



木曜仕事終わってから用事でBruceの家に行きました。

ちゃんと仕事してました。

20150305_180917.jpg

毎日14時間くらい働いてるそうです。

来期の板(払えるのか?)は自分で作りたいので、2時間ほど工程を

教えてもらいながら、おしゃべりしてました。

色々Coilerならではの丸秘なことも教えてもらいました。

教えられませんけどね。




最近川口プロのビデオなど見てて、短い板に乗りたくなったので

加藤プロに譲ってもらったキイロイイタ、EV号+自作プレートに乗ってみました。

20150307_112723.jpg

バタバタするのは軽減できましたが、やはり前が長すぎてテンションが少ないので

フラットで乗ってるときや、カービング中のギャップでバタバタします。

乗り味の変化は、フレックスはそれなりに硬くなります。

無いより絶対あった方が乗りやすいですが、トーションを硬くできないので

トーション負けして谷で生ぬるいです。踏んでもズバっと板が入りません。

Coilerに載せたらいいかもですが、キズがつくのがいやなので

載せるのは検討します。







コメント

「自分の板の製作に関わることが出来る」
と言うのはお金を出しても出来ない体験だと思います(^∇^)
羨ましいですよ
[2015/03/10 05:41] URL | ツバサ #- [ 編集 ]

To ツバサさん
Donekに自分で板を作らせてもらうには
いくら払えばいいか、本気で聞いた人がいるそうです。

回答は「3倍払えばOK」とのことだったそうです。

作成までに色々と勉強のために工程を見に行って
勉強しないといけないので大変かもです。
[2015/03/12 23:25] URL | カナブン #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。