カナダで外人してます。アルペンスノーボードが大好物な野麦寺修行僧。日本から強制連行されたインコとイモリとオンタリオ・バリーで暮らしてます。


プロフィール

カナブン

Author:カナブン
カナダ・バンクーバエリアからオンタリオに引越しました。
日本の友達への近況報告のために書いてます。

◎スノーボード頑張ってます。
◎日本から連れてきたインコと暮らしてます。









スポンサードリンク



カテゴリ



最新記事



リンク



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






突き指とKessler
まいど。







木曜の日中少し雨降って、雪が固まり週末は硬く締まったバーンでした。

所々アイスバーン。

知らずにハイスピードで突っ込んで、スリップダウンして左手の親指を

氷の塊?か雪面にぶつけてしまいました。

久しぶりの突き指。

20141221_155607.jpg

しかたないので、絶縁テープで固定。

今日もあんまり使い物になりませんでした。



土曜日、Apex/Kessler CanadaのHenryがデモプレート持ってきてまして

20141220_103739.jpg

Gebeが乗ったあと貸してもらえました。

板はカナダのナショナルチーム?の女性のもので、その女性の体重は70キロくらいだそうです。

そこから更にフレックスとトーションを超固くしてあるそうです。

20141220_103745.jpg

プレートはGecko(ゲッコー/トカゲのこと)プレートです。

http://www.apexsnowboard.com/apex-kessler-gecko-plates.html

構造は(断面図↓)



黒の部分がプレート本体で、シルバーが4x4インサートに刺さってる

プレートを保持する金具で、赤はブッシュ。

プレートはカーボンと何だったっけか?の組み合わせで、ブッシュは

スケートボードに使うような材質のもの。

左右のプレートが独立しているので、前後にズラして取り付けると

プレッシャーポイントを変えられます。



乗り心地は、勿論Kesslerだったのでかなりサイレントな乗り味でしたが

ゲッコープレートのおかげでガリガリな斜面もなんなく滑れました。

板が固いので、アイシーなコンディションはちょっとなぁと思ってたんですが

私の体重が功を奏したのか、又は技術があったのか、楽しめました。

加速して踏めば曲がる板。遅いとしんどいです。


とにかく、コンディション的にも板が走るし、スピードが出てかなり気持ちよかったです。

普段なら怖くて楽しめないんですけどね。

あんなに高速領域で安定する板はその日が初めてでした。

レーサーはあんな板に乗ってるから、高速ターンができるんだなぁと

今更ながら理解できました。

しかし、踏まないと曲がらないので、かなり体力を消耗しました。

諸刃の剣です。


非常に良い体験をさせてもらえました。




デモさせてもらって板返すときに、「Coilerの日本語オーダーフォーム見たよ!

あれいいな。ウチのも手伝ってもらえないかな?」と言われ、昨日詳細メールがきました。

で、翻訳したのがコレ↓

http://www.apexsnowboard.com/aus-nz-jp-shipping.html

ちょっと硬い表現かもですけど、丁寧にこしたことないのでまぁいいかなと。

翻訳を頼まれた文章に運送会社と納期のことが含まれてなかったので

今日前文章を翻訳してメールしたので、また後日変わってるかもですね。


社長のHenryに何かお礼に送るよ。と言ってもらえたのですが丁重に断りました。

自作プレート作成に関する知識を少し分けてもらったし、試乗もさせてもらったので

そんなことされてはもらい過ぎですからね。

工場見学でもまたさせてもらおうと思います。


スノーボードに関することに関われて良かったです。






コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。