カナダで外人してます。アルペンスノーボードが大好物な野麦寺修行僧。日本から強制連行されたインコとイモリとオンタリオ・バリーで暮らしてます。


プロフィール

カナブン

Author:カナブン
カナダ・バンクーバエリアからオンタリオに引越しました。
日本の友達への近況報告のために書いてます。

◎スノーボード頑張ってます。
◎日本から連れてきたインコと暮らしてます。









スポンサードリンク



カテゴリ



最新記事



リンク



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ホームページ更新。
まいど。





Coilerのホームページがようやく更新されました。

http://coiler.com/

日本にも売りたいなら、HPをなんとかしてくれと頼んでいたのですが

やっと更新してもらえました。


本人はネットに全く興味がないので、facebookは知っててページはあるものの

なんだかよく分かってないので、Likeボタンは私がくっつけました。

ツイッターのボタンも付けようと思ったのですが、コードいじってて分からなくなったので諦めました。

HPいじっていい許可もらったので、youtubeで探せるCoiler乗りの人の動画を貼りたいなと思ってます。

また、日本語版のHPも私が作成する予定です。



ここだけの話、下の画像はCoilerのブルース本人です。

obj125geo103p18.png

本人自身もレーサーで、自分で板作ったらいいんじゃない?と始めたのが

きっかけで今も作り続けて職業となってます。


いつの話だか分かりませんがスノーボードブランドのSWORDからウチで働いてくれと

言われ続けてたと、こないだ会ったときに言ってました。




話を戻しまして。

デモボード、サイズ及び重量超過料金を払えば10本くらい持っていくことができるんですが

なにせ私と相方だけで行くので、荷物が多すぎて困るのでどうなるか分かりませんが

5本くらい持って行きたいと思ってます。

プラス、自分の板なので、ちょっとしんどいですが・・・・


持って行ったデモボードは日本に置いていき、後に販売しようと思ってます。

現段階で、どのモデルにするか、体重設定はどこに持っていくかなど検討してます。

他ブランドで板買うと、推奨体重の幅が大きいですが、体重が上限の人が乗れば

軟らかく感じるし、下限の人が乗れば硬く感じます。

Coilerでは安くオーダーメイドで作れるので、自分の体重・脚力に合った板が

購入できるのが特徴の一つと考えてます。その中で、持って行くデモボードが

乗ってもらう人の体重から離れてると、それが生かせません。

なので、1モデルにつき2枚、硬いのと軟らかいのを持っていったらいいのかなぁ

などとも考えてます。

また、女性用のミドルサイズの板も1枚は持って行きたいと思ってます。

って、言ってもまだ未定ですが。


まだ少し時間があるので、もう少し考えておりますが、既にデモボードの中の1枚は

どら七さんが購入したいと言ってます。

体重も平均的なので、ちょうどいい板が渡せるかもです。

これから購入希望者が出たとしても(どら七さんを含め)、これからデモボードを製作するにあたって、

モデルや体重設定などの希望は聞けませんのでご留意して頂きたいです。

デモボードはあくまでデモボードなので、誰かが乗った後での販売になるのもしかりです。

金額は直販よりは安いでしょうけど、今の段階ではいくらかはお伝えできません。

併せて、返品・交換・保障はこのデモボードに関してはないかもです。

って、元々ほぼないんでしょうけど。(本人と話してないのでまだ分かりませんが)



私はブルースの友人として、彼のビジネスのお手伝いをしているだけで

何の報酬ももらっておりません。

スノーボードに関わることができたら、それほど嬉しいことはないと思い

ボランティアでやっておりますので、苦情や依頼などは受け付けませんが

本人には伝えます。

また、購入にあたっての相談や、日本語のみの注文などのお手伝いは

させて頂きます。無償で、自分の時間で行うのでレスポンスが遅れるかもです。


obj123geo101p18.png
ブルースがレースで勝ってもらったメダル。


JJAが乗ってたCoiler。

Donekに板作りを教えたCoiler。

時間をかけて、最初から最後まで一人で手作りのCoiler。

日本でも、楽しく乗ってもらえると思ってます。

よろしゅうに。





トリビア

ブルースは若いころ、私と同じくTool and Die Maker(金型職人)になろうと

2年間学校に通って資格を取ろうとしていた。

卒業後、不景気で仕事が見つからずその道の職業には就けなかったが

その知識が今でも活用できているとのことです。







コメント
おおっ!
見ましたよ!次の板はコイラーで決まりですね!
僕も応援してます!
[2014/10/12 21:32] URL | BLADE #- [ 編集 ]

To BLADEさん
私は注文しました。レースモデルとオールマウンテンモデルの
あいの子みたいなのを作ってもらおうと思ってます。
ある程度のモディファイなら聞いてもらえるので
好みの板が探せるといいですね。
野麦に来られたら来てくださいね。日時はまた告知します。
[2014/10/13 20:57] URL | カナブン #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。