カナダで外人してます。アルペンスノーボードが大好物な野麦寺修行僧。日本から強制連行されたインコとイモリとオンタリオ・バリーで暮らしてます。


プロフィール

カナブン

Author:カナブン
カナダ・バンクーバエリアからオンタリオに引越しました。
日本の友達への近況報告のために書いてます。

◎スノーボード頑張ってます。
◎日本から連れてきたインコと暮らしてます。









スポンサードリンク



カテゴリ



最新記事



リンク



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






31・32日目。
まいど。





最近どう滑ったら上手くなるのか分からなくなってきたので

モチベーションが保てないです。

やっぱり野麦で滑って、師匠と反省会するしかないんでしょうね笑


なんとなく滑れるんですが、なんとなくしっくりこない気がするような。

滑ってるときに考える余裕も少しながら出てきたので

加重の方向やタイミング、体の位置など変えながら滑ってるんですが

どうしたらいいのか分かりません。



と、言う事で、気分転換にGabeの板を借りて試乗してみました。

P1120067.jpg

Coiler VSR 173 (↓この板)


https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=mILNqY5XWnc

28日目に4~5時間乗り、29日目は半日乗って、午後からF2の

EQUIPE178に乗り換えました。


このVSRはGabe用なので、体重設定が軽いのでちょっと柔らかいです。

乗り始めはトーションの柔らかさに戸惑いましたが、慣れてくると

Gabeのあの曲乗りのような柔軟なライディングがどうして可能なのか

理解できました。


とにかく動きやすい。急旋回しやすい。スイートスポットがでかいと言うんでしょうか

どうやって乗ってもグリップしてくれて、ターンをミスしても次のターンで

自分のラインにまた戻って来れます。

リフトから自分のそのラインを見ましたが、驚くほどのえらいエグいタイトな

溝が刻まれてました。


柔らかいので、高速滑走時はどうなるのかと急斜面にも行きましたが

板を立ててしまえば問題なし。ガッツリ斬れます。


長く乗ると気にならないトーションの柔らかさ。前足、後ろ足のタイミング差が

分かるくらい(分からないが笑)で、ノーズが先に捻って雪面捉える感覚が

お気楽カービングには楽チンなアイテムでした。


で、EQUIPEに戻ると、今度はトーションの硬さに戸惑いました。

全く同じように乗ると板が立てにくいです。

VSRは板の立ち始めはすごく楽でした。こんなに違うもんかと楽しめました。

EQUIPEは立ててしまえば早く踏み込め、ターン中も足元に壁があるかのような

ガッシリした安定感が頼もしかったです。

IMG-20140220-01945.jpg


サイプレスで滑ってた時に、友達にEQUIPE貸したら「硬くて乗りにくい」と

言われた意味がやっと分かりました。トーションが硬いのでターンがしにくかったんでしょう。

私はずっとコレしか乗ってなかったので、全く気にならなかったんですけどね。

VSRでちょっと楽をしすぎたので、EQUIPEが厳しく感じます笑。


年取ったらこんな板買いたいですね。

今はガッツリ滑りたいので、柔らかい板はいらないです。

でもかなり楽しい板であるのは間違いないです。




最近よく思うんですが、板の体重設定って大事だなと思うんです。

皆さんも、自分の体重に合った板探しをして下さい。

体重差にもよりますが、こんなに違うかっていうくらい違います。

10キロ差でも、ターン時の遠心力はかなり違うもんです。






https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=JRMOMjCoR58
最近貧乏でしんどいんですが笑、この曲はそれを忘れれます。
前回の1AMバージョンです。

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ






コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。