カナダで外人してます。アルペンスノーボードが大好物な野麦寺修行僧。日本から強制連行されたインコとイモリとオンタリオ・バリーで暮らしてます。


プロフィール

カナブン

Author:カナブン
カナダ・バンクーバエリアからオンタリオに引越しました。
日本の友達への近況報告のために書いてます。

◎スノーボード頑張ってます。
◎日本から連れてきたインコと暮らしてます。









スポンサードリンク



カテゴリ



最新記事



リンク



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






25、26日目。
まいど。






ジャペンでは大雪降ったそうですね。

野麦でも大変なことになってたようです。

DSC_0170.jpg


雪がまったく降らなかったバンクーバーにもやっと寒波がきたようです。




25日目はレジャー。

IMG-20140204-01910.jpg


26日目はしっかり練習。

月・木曜に来る床屋さんのBenと定例セッション。

最近膝が痛いのが気になり、自分のフォームで原因になってることを考えてた。

前足(小学生の時に先輩から熊五郎とあだ名をつけられた過去はあるが、私は熊じゃない。)の

向きや使い方がどうもアングルと合わないんじゃないかと思いだした。


トーサイドの時にネジって入れてるような気がしててしょうがなかった。

曲がらない方向に曲げようとしてるような。

なので、そっちの方向に膝が入るようにビンディングのアングルを

59・54から55・50にした。


聞こえが「やるっぽくない」が(前向きがレーシーだと思っているせいで)

膝の入りは気にならない方向になった。

多分、自分の足の形状上、このアングルのが体に優しい気がする。


急斜面で前膝の入れ方を変えながら練習したが、このアングルの方が

板を踏みやすく、かつ膝の居場所が体に優しいことが判明。

中斜面ではあまり気にならないのだが、本数をこなすと膝が痛くなる。

だがこの日は「野麦のハツカネズミ」と言われたあの人のように

グルグルグルグル乗りまくったが気にならない。


で、何が言いたいかって言うと、今まで練習練習、乗れないのは

自分の練習不足せいで、板やビン、セッティングのせいではないと

思い込んでいたのだが、今更ながら本人に合ったセッティングは

本当に大事なんだなと思った笑。

遅くなりましたが、ちょっと理解できてきたような気がします。


これでお尻が擦るくらいのヒールサイドターンをいつでも繰り出せて

見た目控えめながらも斬れるトーサイドが出せるようになりました。


・・・と言うのも最近勘違いバーン状態が続いてるからなんですけどね。

しかし、野麦のみんなにやっと練習の成果を見せれる状態になったと思います。

自分では納得はしませんが、皆に教えてもらったことが自分のライディングで

表せるんじゃないかと思います。

何年もかかって体得した技術を、何の惜しみもなく教えてくれたのだから

それを出来るようになるのがお礼だと思ってます。




早く良い仕事を探して、お金を貯めて野麦で皆と滑りたいです。







https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=CGyEd0aKWZE

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ






コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。