カナダで外人してます。アルペンスノーボードが大好物な野麦寺修行僧。日本から強制連行されたインコとイモリとオンタリオ・バリーで暮らしてます。


プロフィール

カナブン

Author:カナブン
カナダ・バンクーバエリアからオンタリオに引越しました。
日本の友達への近況報告のために書いてます。

◎スノーボード頑張ってます。
◎日本から連れてきたインコと暮らしてます。









スポンサードリンク



カテゴリ



最新記事



リンク



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






不器用です。
まいど。






あがり症、記憶力欠乏症のカナブンです。


今日、面接受けてきました。

1時間半前くらいに終わったばかりです。

image_takakura_ken (1)

手先は器用なんですけどね。

面接とかすごく苦手です。

初対面の人に会って話すのも、得意ではないです。



朝も、勿論固形物が食べれるわけでなかったんですが、無理やり

シリアル食べて、緊張緩和する成分が含まれてるもの、

バナナや紅茶(ノンカフェインのもの。カフェイン入りは逆効果)をとって

後は蜂蜜とレモンジュース混ぜたの飲んで面接に挑みました。


面接側には人事担当と生産管理アシスタントマネージャーと

生産計画スタッフ(私が応募したポジション)の3人がいました。

以前の会社(日本)で東京までわざわざ新幹線で行って受けた面接には

6~7人いましたが、その時より緊張する… と思ったんですが

かなり親切な対応で、ESL(English as Second Language、所謂英語が第二言語である人)を

理解している人達で助かりました。


トロントやバンクーバーでは、アジア系やインド系など多種人種なんですが

こちらは白人がほとんどなんで、英語に訛りがあったり

発音が少しでも違うと理解してもらえないことがよくありましたので

その面接でもかなり緊張したのですが、まったくそれは検討違いでした。(良い意味で)


そんな恵まれた面接にもかかわらず、私の緊張は半分も緩まず

あっぷあっぷな状態でしたが、面接の質問内容がありきたりの形式ばったものでなく

私の履歴書を見ながらの質問でしたので、わりと答えやすく、

今まで覚えた面接の応答内容の文章も交えながら回答できたので

なんとかつまらずに終えることができました。


面接は50分以上もかかりましたが、そんなに長かったとは全く感じませんでした。


今は自分でいれたコーヒー(豆挽いて、ドリップで)を飲みながら

クッキーを食べてりらっくまです。

(小学生の時、上級生に熊五郎と呼ばれてたのを思い出した。)


この面接が上手くいくと、また面接です。次のはGMとと言ってたので

general manager =総支配人 工場長のことかな?分からんのですが

偉いさんとの面接だそうです。

もう簡便して欲しいです。

img64386b7azikezj.jpeg



もういっそのこと

https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=oKOtzIo-uYw

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報






コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。