カナダで外人してます。アルペンスノーボードが大好物な野麦寺修行僧。日本から強制連行されたインコとイモリとオンタリオ・バリーで暮らしてます。


プロフィール

カナブン

Author:カナブン
カナダ・バンクーバエリアからオンタリオに引越しました。
日本の友達への近況報告のために書いてます。

◎スノーボード頑張ってます。
◎日本から連れてきたインコと暮らしてます。









スポンサードリンク



カテゴリ



最新記事



リンク



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






カナダのスノーボードブランド Coiler (コイラー)
まいど。








ちょっと前のことですが、行ってきました念願の聖域へ。

IMG_6661-1.jpg

Coiler Snowboards

ネットでの説明ではトロントベースのって書いてあるかもですが、

トロントから車で約1時間20分北上した場所にあるOroという小さな町にあります。

今私が住んでるところから車で約20分です。


写真はCoilerの創立者Bruce Varsavaと私です。

彼の作業スペースでは写真禁止と言われていたんですが、1時間以上の工場(こうば)説明の後

一緒に写真を取らせてくれと言ったら、工場で撮ろうと言ってくれて撮ったものです。




Coilerは日本では知らない人の方が多いと思います。

Donekのが有名でしょうが、BruceがDonekにスノーボードの作り方を教えたらしいです。

(Bruceから直接聞いた。)


メタル導入もKesslerと同じくらい早く、Donekに勧めたが意地張ってノンメタルで

メタルに近付けると言って2~3年導入が遅かったなぁとも言ってました。


Bruceは35歳くらいでスノーボードを始めたらしく、それには驚きました。

今彼は52歳だったかな。元々トロントの病院で整備の仕事をしてたのですが

辞めて今の場所に移ったそうです。

私の感想としては、Bruceは「お喋り」「器用」「創造的」「優しい」「頭がいい」と

感じました。スピード狂なところもあるので、アルペンレースが好きなのでしょう。


Bruce、彼自信も元々レーサーであり、自分で自分のボードを作ってやろうというのが

きっかけでスノーボード自主制作を始めたそうです。その第一号も見せてもらいましたが

強度に神経使いすぎてガッチガチのものになってました笑

が、何本も作っているうちにノウハウが分かり、形状は対象であるが、右と左のフレックスが

違う非対称ボードなども作って、アメリカを含むレースで連勝していたそうです。

(メダルがどっさりガスボンベに雑に掛けて飾ってあるのを見せてもらいました。)


元々レーサーだったというのが功を成したのでしょう、その卓越されたレースシーンでの知識、

持って生まれた器用さと合わさり、良いボード創りができているのだと思います。


カナダでレーサーと言えばバンクーバーオリンピックで優勝したJasey-Jay Anderson

(ジェシー=ジェイ・アンダーソン)ですが、彼もKesslerの前はCoilerでした。

このソースは探せませんでしたが、JJAがスランプだった時にCoilerと出会い

ワールドチャンピオンシップで優勝したなどという記事を読んだ記憶があります。

(こんな記事はありました→その記事

※上記リンク先にはこうあります。

Anderson credits the Coiler snowboard he rides, built for him by Toronto designer Bruce Varsava, for helping him become the first man to win both the parallel giant slalom and the giant slalom at last year's world championships.

(またこういう記事もあります→記事2



さて、気になるボード自体の話ですが。

私はBCにいる間に合計3本のCoilerを友達から借りて数日乗って試乗しました。

インプレですが・・・問題が1つ。

私は物事を上手く表現できないし、今までに乗ったことある板なんて20本そこそこなので

何が他の板と違うかなんて説明できる訳がないのです(苦笑


まず、ネットで見たインプレと友達から聞いたインプレを箇条書きで。

・仕上げが抜群によい。

・折れた、又は剥離したというトラブルを聞いたことない(又は少ない。)。

・安い。

・非常に安定性がある。

であった。


私の感想としては、ある程度のスピード以下では何てことなく普通なのですが

スピード上がるとエンジンがかかり、思ったラインを板が導いてくれ、

かつ高速安定性のあるキャラクターだと思います。

押しがけしないとエンジンのかからないバイクのようです笑


どこのブランドの板と色が似ているかというと、SGかな?

(借りた板は)SGよりはマイルドなのかもしれませんが、Coilerはフルオーダーなので

その人のオーダーで長さ、体重に合わせたフレックス、形状、どのシーンで使うか

が選べますので、レース用とオーダーすればそれなりになります。

なので、乗った板は「フリーカーブ」用だったので、マイルドでした。

が、安定性は抜群で、思ったラインを思ったように描かせてくれるので

非常に楽しめた板でした。


その乗り味、一人でやってるファクトリー「Coiler」に日本人魂が感じられ、忘れられず

工業大学機械科を卒業したちょっとエンジニアな私としては、そのBruce様様に会いたくて

しかたなかったのでした。

(日本が他よりも良いと言ってるのではなく、勤勉さ、応用力をそれに感じたんです。)


初めて会った時は緊張しました。挨拶を交わして彼の作業スペースで製作の説明を聞いてる間、

ずっと鳥肌が立ってました。感動し過ぎでした笑

彼のスノーボードの板の考え、製作にあたってのアイデア、新しい技術の取り込みなど

本当に頭のキレる人なんだなぁと関心ばかりの1時間半の工場見学でした。




話の構成が上手くないので、前後するかもなのですが、このCoilerはBruce一人でやってます。

「安い」というレビューが何故あるかと言うと、まず人件費が少ないってところです。

広告費もないです。工場は彼の家のガレージを改造したものなので経費がかかってません。

電気工具や設備なども中古を安く見つけてきたり、自分で作ったりしているので、設備面でも

お金がかかってません。無駄なものがないんです。

ここではいくらか触れませんが、実際の板の材料費は驚くほど(私が思ってたよりか)安いです。

他ブランドでは人件費、広告費、機械工具損料や消耗品費などかさんで高くなってますが

蓋を開けてみればなんてことなく、それならCoilerが欲しい!って思いました。




帰る間際に、冬になったらスキー場行に行く前にウチに寄っていくといい。

試乗板、好きなだけ乗っていいよ。と言ってもらました。感激でした。





Quality(品質)、Accuracy(正確さ)、Finish(仕上げ)、Fit(そのライダーに合った板)の

ワードが当てはまるキャラクターの板を製作するファクトリー”Coiler”のお話でした。




後日またCoilerについて少し掘り下げてブログ書きます。







https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=mILNqY5XWnc



https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=RUN3QW2X024
この板↑も実際見せてもらいました。
黒二本ラインのものはトップシート(デザイン)を貼るまえのものです。

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ






コメント
凄い!
僕も次の板はコイラーにきまりです。日本で乗ってる方も、低速は大したことのない板だといってましたが、高速になればなるど安定すると言ってました。やっぱり凄いんだ!!!
[2013/08/14 04:40] URL | BLADE #- [ 編集 ]

To BLADEさん
コイラーの一番のいいところは、各個人の体重に合わせて
フレックスをオーダーできるというところと
Bruceが丁寧に一枚一枚確認しながら作るってことです。

低速の無言さ加減、初めは大丈夫かコレ?って思いますが
捨てターンを終えたころからエンジンかかって
活動し始める感覚が非常によかったです。

私はコイラーのBruceとは友達っていうだけでビジネスとしては全く関係は
ないのですが、個人的にコイラーを応援したいと思っております。
BLADEさんは今までに外国から個人で購入されているので問題はないかと
思いますが、購入にあたり私に何かフォローできることがあれば
翻訳でもなんでもしますんで、気軽にメールフォームからでもご相談下さい。
また、交渉しだいですが、私のことを伝えたら送料の足しになるくらいの
割引もしてもらえるかも?です。
[2013/08/14 14:46] URL | カナブン #- [ 編集 ]

ありがとうございます。
その時が来たら必ず相談させてもらいます。GOLTESを買わないでcoilerしとくべきでした…(笑)
いつかは乗りたいなと思ってました。Donekの師匠だとは…Donekはもう手の届かない存在になったので…ますますcoilerラブになりました。作り手の心が感じれるて、素晴らしいですね!
[2013/08/15 09:42] URL | BLADE170 #- [ 編集 ]

To BLADE170さん
師匠というのかどうか分かりませんけど、Donekのあのおっさん、名前知りませんけど
その人と食事をすることがあったらしく、その時になんだかんだと聞かれるもんだから
すごく丁寧に教えてしまったよ。などと言ってました。
それからDonek創立したそうです。

Coilerは他メーカーと違い、一本一本、一人の手で作り上げられていくので
工程内で出た誤差などを修正しながら仕上げられるので、仕上がりの精度が違います。
誤差の中には、多種使う木材のフレックスの差(同じ木だからと言って、同じ性質かと言うと
微妙に異なる)をも最終工程で修正していけるので、ライン作業(かどうか知りませんけどね笑)
などのような当たり外れがありません。

早く乗れる日が来るといいですね。私は貧乏で買えませんが、試乗させてもらえるので
一足お先に色んなものを乗ってみたいと思います。
[2013/08/16 00:12] URL | カナブン #- [ 編集 ]


遅コメサーセンm(^^;)m

こんなに良いレポートを書ける体験をしてきたカナブンさんに嫉妬!!!!!w

Coiler欲しいです(涎)
[2013/08/22 00:53] URL | どら七 #uex3/g4E [ 編集 ]

To どら七さん。
お疲れ様です。

たまたまとは言え、自分が気に入った板の製作会社が
家のちかくにあるとは本当に運がよかったです。

なんとか、デモ板を送れるようにマインドコントロールしてみます笑
[2013/08/23 00:24] URL | カナブン #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。