カナダで外人してます。アルペンスノーボードが大好物な野麦寺修行僧。日本から強制連行されたインコとイモリとオンタリオ・バリーで暮らしてます。


プロフィール

カナブン

Author:カナブン
カナダ・バンクーバエリアからオンタリオに引越しました。
日本の友達への近況報告のために書いてます。

◎スノーボード頑張ってます。
◎日本から連れてきたインコと暮らしてます。









スポンサードリンク



カテゴリ



最新記事



リンク



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






インコ 太平洋をまたぐ
まいど


スキー場でも雨が降るようになり心折れかけてます。

まだ今年学んだことが体に染み付いていないので

まだまだ滑りたいのですが…四季がある限り

ウインタースポーツは続けられません




最近イモリをどうやってカナダに運ぼうか

色々方法を検討していますが、結構難しいようです。

実はもう既にインコ達はカナダ入りしております。



インコ達をカナダへ移送するのにもかなりの労力が必要でした。

移動の手段、検疫、ワシントン条約、検診、等々…



まず、成田空港の検疫機関に電話してセキセイインコが

どういった規制を受けるのか聞いてみた。

ワシントン条約やら なんだかんだ説明されたが、

回答は国外持ち出しOK。

持ち込み先の規制に委ねるので、日本でどうこうすることは

全くないそうだ。



次にセキセイインコをカナダが受け入れるのかどうか

カナダ政府の検疫機関に聞くことから始め、カナダ政府からは

OKもらいました。ワシントン条約には引っかからない種で

あるのでいいのですが、鳥インフルエンザが流行ってた時だったから

持って行けるのかどうか不安でした。

すでにアメリカでは 鳥類の輸入を禁止していたので、カナダの

検疫機関の人も、アメリカにならえでいつ禁止になるか分らないと

言っていたので 結構ヒヤヒヤでした。

では急げと、カナダの検疫機関から持ち込み許可の書類を申請した。



次は移送手段をあたるため、旅行代理店に相談しながら

いくつかの航空会社に電話した。アメリカは鳥を受け入れないため

カナダへ直接入らないといけない理由もあったのもありで

1社以外全て全滅。JALのみだった。



JALからバンクーバーまではペットとして(貨物としてでなく)

引き受けますと回答をもらったが、JALはバンクーバーまでしか

便がなく 目的地のトロントまでは別便を利用しなければならなくなった。

その後、色々調査してカナダ国内線で有名なWestJetに聞いたところ

ペット輸送OKと即答をもらった。



持ち込み許可と輸送手段確保したので今度は、持ち込むための書類

持ち込むために必要なインコの検診、各航空会社の規制にあわせた

ケージ等が必要になった。


…というとこで、とりあえず今日は終わり

続く

テーマ:インコ - ジャンル:ペット






コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。