カナダで外人してます。アルペンスノーボードが大好物な野麦寺修行僧。日本から強制連行されたインコとイモリとオンタリオ・バリーで暮らしてます。


プロフィール

カナブン

Author:カナブン
カナダ・バンクーバエリアからオンタリオに引越しました。
日本の友達への近況報告のために書いてます。

◎スノーボード頑張ってます。
◎日本から連れてきたインコと暮らしてます。









スポンサードリンク



カテゴリ



最新記事



リンク



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






空気から燃料。
まいど。




冬特有の雨の日が続き始めました。自転車もこげないし、ジョギングにも行けないカナブンです。


サイプレスでは気温が少し高く、雨が降ったようなので雪が少しなくなったかもです。

今週はずっと雨らしいです・・・







気になったNEWSをば・・・

***************************************

空気からスポーツカー用燃料を作るAFS社

 英Air Fuel Synthesis社が、空気と電気から「カーボンニュートラルな」合成燃料を作り出す製法を開発した。ロータスのスポーツカーでテストを行っている。


 イギリスの小さな会社、Air Fuel Synthesisが、空気と電気で「カーボンニュートラルな」合成燃料を作り出す製法を開発した。

 水酸化ナトリウム溶液の霧で満たされたタワーに空気を送り込むと、空気中の二酸化炭素が水酸化ナトリウムの一部と反応して炭酸ナトリウムになる。この混合物を電解槽に注入して電流を流す。すると、より多くの二酸化炭素が放出される。増えた二酸化炭素は、収集してその後の反応のために貯蔵する。

 一方、空気から除湿装置で取りだした水を「電気分解装置」に送り、電流を流して、水を水素と酸素に分解する。先ほどの二酸化炭素と水素を反応させ、炭化水素の混合物、つまりはメタノールを作る。

 二酸化炭素と水素の配合は、必要な燃料のタイプによって調整できる(航空機、ディーゼルなど)。炭化水素の混合物が、ガソリン燃料反応器(gasoline fuel reactor)を通ると、燃料になる。

 このプロセスは、再生エネルギーからの電気を利用し、新たな炭化水素を燃焼させるのではなく大気中の二酸化炭素を再利用していることから、カーボンニュートラルと呼ぶことができる。Air Fuel Synthesis社のキャッチフレーズは「再生エネルギーを液体燃料化(Renewable energy for liquid fuels)」だ。

 Air Fuel Synthesis社は、小さな装置を用いて3か月足らずで5Lのガソリンを作ったと話している。研究開発に必要な資金として、匿名の人物から180万ドルが寄贈されたという。

 2年以内に、1日に1トンのガソリンを作り出す大型プラントの建設を目指し、15年以内にフルスケールの操業を開始したいという。

 顧客対象は、少なくとも初期はモータースポーツ・セクターになる。Air Fuel Synthesis社では、プロドライバーも同社製品に満足できるように、写真の「ロータス・エキシージ」による合成燃料のテストを行っている。

ソース→http://sankei.jp.msn.com/wired/news/121026/wir12102612360001-n1.htm

********************************


こんな会社で働きたいですね。

イギリスなんで無理ですが・・・

とりあえず、技術系の仕事に就きたいです。






https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=n5PQfWzHZSg






https://www.youtube.com/watch?v=vKbg7CfG7i4&feature=player_detailpage

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース






コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。