カナダで外人してます。アルペンスノーボードが大好物な野麦寺修行僧。日本から強制連行されたインコとイモリとオンタリオ・バリーで暮らしてます。


プロフィール

カナブン

Author:カナブン
カナダ・バンクーバエリアからオンタリオに引越しました。
日本の友達への近況報告のために書いてます。

◎スノーボード頑張ってます。
◎日本から連れてきたインコと暮らしてます。









スポンサードリンク



カテゴリ



最新記事



リンク



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






お縄。
まいど。







ついにキップ切られたカナブンです。


ついつい通勤時急いでて赤信号の渋滞で路肩走って交差点の

最前に出て、少し走ったら警察だらけ。


その交差点で妙な人が一人いたんですよね。

測量してる人が一人。

工事現場の人が着てる服装で、測量機みたいなのをかまえてるんですが

その相方がいないんです。

どこにいるんだ?と探してるうちに青信号になり、

発進して少しして思いました。

「あ、罠かも。」


その時は既に遅く進路も変えられず、その後お縄ちょうだい致しました。

まぁ、法規に従わなかった私が悪いんですけどね。

罰金は108ドル。

路肩を走ったというキップではなく、右側から車を追い越したという

違反のキップです。


日本で同じ事をパトカーの前でしてもキップ切られません。(経験上)

二人の警官に「路肩走って、交差点の最前に出たり、渋滞時に

車を抜かしたりしたらキップ切るか?」って聞いたら

「すごいスピード出してたら切るけど、普段は見てないフリする。」

(もちろん非公式回答)だそうだ。


日本でグレーゾーンなことでも、こちらではダメなんだからダメ。

これからはしませんけどね。



で、気付いたことが一つ。

警官の態度がかなり横柄。

4人いた警官の中で3人は横柄だった。

私のキップを切った警官は落ち着いた口調だったけど

その他は上から物をいうような口調・態度で気に入らなかった。

日本なら言い返して「その態度はなんなんだ?」となるんですが

急いでいたのもあるし、言っても無駄なので諦めました。


警察というシステムは治安のために必要なものであるし

たいへんな仕事だということも理解する。

だからって、たかがバイクの道交法違反者にえらそな態度で

話してくるなって。


警官を尊敬できないのはそういう点である。

嫌いな訳ではない。

警官も犯罪をするけど、いい警官にもあったことあるし、

尊敬できないのは人による。

組織自体は非難しない。



話がそれましたが、バイクについて警官が

「これは違法だからすぐ直すこと。でも、今回はキップは切らない。」

と言われた。

「中古で買ったので自分がやった訳ではない。元々直そうと思ってたから

すぐ直すよ。」

と回答すると、

「日本ではどうだったか知らないがここは・・・」

と言い出したので、

「分かってる。分かってる。ここはカナダで、法規は知ってないといけないんでしょ。」

と切り出した。

「理解してもらってるならいいけど。」

と、警官。


その後、その4人警官たちに今まで思ってた疑問を質問してみた。

・スクーターでハイウェイの橋を越えられるか。

 (川に架かる橋がハイウェイのものしかないことが多い。)

・スクーターや電気スクーターなら路肩を走れるのか。

・斜線のない幅の広い(車二台分くらいの幅)道路で、中央斜線寄りに

 走る車の右側を バイクで走るのは大丈夫か。

4人のうちで、この全ての質問に回答できたのは1人だけだった。


ここでもガッカリした。

そんな法律知らなかった。では済まないと言われたばかりだったのに

4人中3人も知らなかった訳だ。

道交法をちゃんと知らない人達にキップ切られたことになる。

職務を全うするためにも、彼らも法規をしっかり勉強して欲しいものだ。


私が何を言っても何が変わるわけでもないので、法規は守る、

警官の横柄な態度はバカだなと心で思うことにする。


キップを切られたからここでアーダコーダ言った訳ではありません。

警官の対応や不十分な職務上の知識についてグチっただけです。




KRS-one / sound of da police

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=1VRZq3J0uz4

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報






コメント

バイクがすり抜け禁止なのは、安全だけど、意味ないなぁ~~って、たまに思ってしまいます。(私は悪い子ですね。)駐車場も、しっかり1台分ですものね。

カナダの警察官、態度が横柄で本当に怖いですよね・・・・。日本が弱すぎるのかな??
あの威圧感にいつも圧倒されてしまいます。
警察官は、あーであるべきなのでしょうが・・・・怖すぎます。
[2012/09/09 22:20] URL | 事務員 #HfMzn2gY [ 編集 ]

To 事務員さん。
安全にすり抜けをするのはOKってしてしまうと、どのあたりが安全な度合いなのかとか
微妙な言い合いになるから、いっそのこと全部禁止にしてしまえばすっきりするな
ってだけで、全面禁止なんでしょうね。
自転車がすり抜けできて、バイクができないのはチョット納得いきませんね。
バイクの機動性のよさがまるで台無しです。
事務員さんの考えは普通だと思いますよ!

警官が横柄な態度をするのは2つの理由があると思います。
まず第一に、偉そうにしてないと周りの人が言うことを聞かないってこと。
まぁいいんじゃない?って言う人が多い北米では、ちょっと威圧してないと
人をコントロールできないのかもです。
第二に、国民性。年齢は関係なく階級のみで尊敬するかしないかが、
ほぼ決まってしまう国。決定権がある方、何かを譲与できる方など
少しでも上位に立場があると、偉そうにする国。
警官になると、一般庶民より立場が上にあると勘違いするんでしょうね。
そういったバカな警官がたくさんいるのは事実です。

警官になろうとしている人達に会う機会があるのですが
「テメー、それで警官になるつもりか?」と胸倉掴んで言いたくなる人が
結構な割合でいます。逆にすごく警官に向いてる人達が
テストに落ちたりしてます。落ちた理由が過去にしたことが原因の人が多いです。
悪いことをして、悪いことを悪いことだと、なんでそれが悪いことなのか
理解している人達がテストに落ちてます。
クリーンでちょっとずる賢い人が受かってたりします。
普段車を運転するのに、ちょっとくらいならと道交法違反してる人達が
受かってたりします。
ちょっと=OKだと思ってる人がです。悪さの度合いが0.1でも0.001でも
ダメなのはダメだと気付かない人がです。
そういうシステムが嫌いです。なので警察嫌いが治らないんですよね。

長々と書きましたが、良い人もいます。警察自体の機関は必要だと思います。
その人達がいるから救われてるんでしょうね。

アメリカに比べればかわいいもんだと思いますよw
[2012/09/10 00:42] URL | カナブン #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。