カナダで外人してます。アルペンスノーボードが大好物な野麦寺修行僧。日本から強制連行されたインコとイモリとオンタリオ・バリーで暮らしてます。


プロフィール

カナブン

Author:カナブン
カナダ・バンクーバエリアからオンタリオに引越しました。
日本の友達への近況報告のために書いてます。

◎スノーボード頑張ってます。
◎日本から連れてきたインコと暮らしてます。









スポンサードリンク



カテゴリ



最新記事



リンク



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






仕事。
まいど。




手の皮が厚くなってきたカナブンです。


手を洗う回数も多いので、手がカサつきます。

ハンドクリーム初めて自分で買いました。

しょっちゅう使ってます。










仕事。


たいしたことないんですが、簡単に職場の仕事を説明します。

扱ってるものはコンビニにおいてある飲食物です。

3工程

まぁ、所謂流れ作業です。

私は最終工程です。

私のいる部署の次は出荷作業なので、ココでミスを発見できなければ

客先にそのまま間違ったオーダーで届いてしまいます。


また、私のいる工程に全てのミスが流れてくるので

ミスの確認および修正に時間がかかります。


また、私の工程の前(図で言うと真ん中)の人が

バカだと極端に負担が増えます。

(手伝わない・確認しない・手を抜く)



同じ派遣社員のTreは若いからだといい訳できないくらい

ポカミスが多く、その修正に時間を費やします。

安い時給で働く自分としては、そんなことに時間を

費やしたくないので、極力彼の後工程にはいかないようにしてます。


が、昨日彼のミスを発見し、本人に確認したら





肩をすくめて、手をあげ

「I don't know...」




って言われました。

確実に彼がしたのバレバレなのに。



ここで私は考えを変えました。

今までは若くて子持ちで、育った環境が悪い、教育不足などで

かわいそうな子だと思って助けてましたが


もう少しで






「What a ピー are you doing?」






と言いそうになりました。

もう助けません。

ミスはできる限りスルーします。

(後で簡単に発見できるものだけ)




そして、その後。

極力彼の後工程には入らず、また、彼のミスをスルーしてたら




周りが大騒ぎ。



リーダー切れかけ笑

オバサン達イライラ笑

そりゃそうだわな。

今まで全部尻拭きしてたの私だったし。



給料が少ないからだとか、派遣だからとかを理由に

仕事を怠るのは自分の仕事の取り組み方に反しますが

私がやってたことは正社員がやるべきことだし

教育訓練を私がすることもないし、正当と言えば正当だと思います。





その後リーダーと少し会話をしました。

リーダーは35歳のベネズエラ出身の女性。パトリシア。

20歳くらいの長男を始め、3人のお母さん!

普段は気が張ってますが、実はかなり優しい人です。


そのパトリシアに少し事情を説明したら理解してくれました。

(そりゃそうだ。)

そして私が「ミスを修正するのに時間を費やすのに疲れた。」と言ったら

パトリシアのグチが始まりました笑

色々聞きました。

ちょっと長々と聞いていたので、仕事大丈夫なのかなとか思ってたら

パトリシアは半泣きになってました。

普段ガマンしてるんだろうなぁとかわいそうに思いました。


しかし、来て3週間足らずの派遣社員に半泣きでグチを言うなんて

よほど同僚の環境に恵まれてないんでしょうね。




結局私が感じるのは、パトリシアが管轄する部署はワリと忙しいんですが

彼女の管理能力がいいのと、彼女の人間性で人がよく動くので

他の部署よりも仕事が早く進みます。

早く処理すると、後で時間が余ります。時間が余ると違う部署に

応援に行くのですが、これがやっかい。

応援に来る=時間がある=仕事が楽・ひま と周りの部署に思われてるように

感じます。


こうなると負のパワーの連鎖です。

何か問題が起きるとパトリシアの部署に苦情が来ます。

お前の部署がこうしないから、ああなったんだ。とか。

他の部署を見ていると、結構わがままなんです。


各部門のリーダーと、マネージャーで会議をして

何をどうしていったら仕事が効率よく回るのか決めて

ルールを作り、文書化してみたら?って聞いたら

「日によって言うことが違う人達に何を言っても無駄」って

言われてしまいました。

私なら絶対そうしますけどね。


部門間で喧嘩する必要はないんだから、仕事が効率よくなるような

ルールを上司に作ってもらい、それを基に皆が仕事すれば

文句もクソもでないですよね。

部署ごとの仕事の密度は調整する必要はありますが。




北アメリカ。

自由=自分勝手にできる だと思ってる人が多いのか、やりにくいです。

言ったもん勝ちみたいなところもあるので余計です。

何かしらの組織に属している我々は自由が完全な自由な訳ないです。

何かしらの束縛=ルールの枠の中での自由です。


仕事してるのに、ピアスがダメだとか、タトゥーがダメだとか

金髪・モヒカンがダメだとか誰も言いません。自由です。

しかし、仕事のルール、法律、マナーは守らないと

他人の自由を侵害します。秩序が必要なんです。



ややこしい話になりましたが、話を戻しますと

ギャーギャー周りにうるさい人がいると、もしくは、

ルールを守らない人がいると、その中の優しい人にとばっちりが行って

損をするということです。

そのリーダーがそんな感じでした。





これじゃ



あぁ、カナダに来てよかった。



なんて、思えませんね笑





まぁ、こういったことはこちらでは仕方ないことだし、

そういう事ばかりでもないし、そこまで気にしてないですけどね。




気にしてるのはTreとリーダーの部下のEdwardが仕事ができない

ってことです。この人達といると仕事が多くなります。



スーパー派遣社員カナブンでした。






http://www.youtube.com/watch?v=LOxK2oyewxs&feature=player_detailpage
Trina大好きカナブンです。
分かりました↑? 今では売れっ子Nicki Minaj、この曲では
大御所と一緒だからか歌わせてもらえてません。
この頃から知ってますが、かなりご出世されましたよねw


地域情報(カナダ) ブログランキングへ


テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報






コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。