カナダで外人してます。アルペンスノーボードが大好物な野麦寺修行僧。日本から強制連行されたインコとイモリとオンタリオ・バリーで暮らしてます。


プロフィール

カナブン

Author:カナブン
カナダ・バンクーバエリアからオンタリオに引越しました。
日本の友達への近況報告のために書いてます。

◎スノーボード頑張ってます。
◎日本から連れてきたインコと暮らしてます。









スポンサードリンク



カテゴリ



最新記事



リンク



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






由来
まいど。







野麦が恋しいカナブンです。

IMG_1925.jpg


カナブンの由来は、まだ野麦に通い始めたころ

持ったつもりのウエアのズボンを家の玄関先に落としてきてしまって

野麦現地で無いのに気付き、しぶしぶレンタルウエアを借りに行ったら

そこのおじさんが気を使ってくれて安いのを貸してくれたんだけど

スキー用のサスペンダーベルトのついてるパンツで

しかも、サイズがかなり小さく、色はカナブンのような

マジョーラカラーだったから、自分でカナブンパンツと命名しました。



そのおじさん、そのカナブンパンツを履いた私を見て

かわいそうだと思ったのか、


「2日で2000円でいいよ。」


って言ってくれたんです。




優しい!



しかもネタになる!




と言いたいところですが、高くてもいいから、できればそのレンタルの

セレクションの中から普通のを出して来て欲しかった。

おかげでその二日間、


「なんであの人は変なパンツ履いてるの?」


と言われ続けました。

毎回言われるので最終的には自分から事情を説明してました。


P1010672.jpg




翌週に野麦へ行っても、



「ああ、変なパンツの人!パンツ違うから分からなかった」的な



ことも言われました。

ある意味、覚えてもらえてよかったです










野麦に行ってからというもの、

スノーボードに対する姿勢がかなり変わりました。

教えてくれていた師匠の情熱もさることながら

そこで滑っている人達の情熱もすごいもので

圧倒されました。



それまでは師匠は自分の周りで1番上手い人で

あれほど滑れる人はあんまりいないもんだと思ってました。


それが逆に、やっぱりアルペンは上手い人でないとできない。

と、思い込んでしまって、アルペンを勧められても

自分にはそんな上級者がすることはできんと気がすすみませんでした。


しかし、野麦に行くとかなり上手い人がたくさんいるので

自分も頑張ったらああなれるのかな?と感じフリースタイルから

アルペンへブーツを履き替えたしだいです。


もともとバイク乗りなんで、コーナーをハングオンで

駆け抜ける感じが大好きで、スノーボードのカービングとバイクのそれが

似ていたので、フリースタイルでもカービングの練習をしてました。

アルペンへの転向後、カービングを楽しめるようになるまで

結構時間がかかりましたが、今ではアルペンやってよかったなと

思っているしだいです。



アルペンやってるとレースや技術戦に出てると思われがちですが

自分の目標は、


「自分が納得できるカッコイイ滑りをしたい。」


という、レーサー達からしたら動機が不純なんでしょうが

そんなの構いません。


別にレース出なくても今で十分楽しいし、

そもそも上がり症なんで人前に立ちたくないし、

人と競うこと自体別にどうでもいいんです。


そのレーサーの人達並みにカッコよくゲレンデを

滑走できたらそれでいいんです。(かなりレベルは高いですが・・・)




師匠曰く

「自分がそのバーン対してどれだけ攻めていけるか」が重要で

「人と競う」ことはそれほど重要ではない。自分とバーンとの戦い。


その通りだと思います。なので師匠と気が合ったのかもしれません。



今年は師匠のキレるコマネチは見れませんが、

またいつか、野麦のコースと戦ってみたいです。






野麦で滑ってる人達はみんな楽しくて親切で良い人ばかりです。

(ボードや何かを盗まれたということも聞いたことありません。

多分盗んだらすぐばれるからだとは思いますが・・・。)

興味がある人は野麦峠スキー場へ行って、熱い漢(オトコ)達を見て来て下さい。

(熱い漢達には法律上の性別が女性の方も含まれてます。笑)





因みに、私の技術はそんなに大したことありません。

野麦では下から2番目です。

体は大きいですが、スポーツ苦手です。

でもサイプレスでは誰にも負けません(少なくとも気合だけは)

野麦峠修行僧なんで!

topmain.jpg


野麦サイコー








野麦峠スキー場HP

http://gakutoresort.jp/index.html


野麦峠スキー場ゲレンデマップ

1126.jpg


野麦峠スキー場紹介ブログ

http://youkoso.city.matsumoto.nagano.jp/sangaku/?p=272

http://www.istpictures.com/diary.cgi?no=1095

http://ameblo.jp/jun63c/page-3.html#main




↓招きって書いてあるけど、スキー場側が招いて来た訳じゃないのにな。
http://www.shinshu-liveon.jp/mypage/ski_nomugi/blog/node_205363







人気ブログランキングへ

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ






コメント

アルペンボードって、
幅が無さ過ぎて私が思うには、
よろよろしちゃって怖いくらいです。

ですので、
幅のある今の板が最高だと思っています。
あ~それにしても、いつ滑りに行こうかな~?

[2012/01/05 04:12] URL | さとう #- [ 編集 ]


私もウェアー忘れてスキーに行ったことがあります!日本でだったので、金色のジャケットに黒のスパッツでした!

カナダであまり・・・いや、全くスキー場へ行かないのですが、競技ってやっぱり盛んですか?
こちらに来た当初は、もしかしたら・・・と、ヘルメットやモジモジ君ウェアも持参していました。
その頃にスキーを続けていたら、また人生変わったのかな???と、かなぶんさんのブログ読んで、最近考えます。
たぶん、根性が尽き果てていたので、結果は同じだと思われますが~
なんだか、青春?を思い出してちょっとセンチメンタルになりました。
[2012/01/05 14:11] URL | NishimuraMotors事務員 #HfMzn2gY [ 編集 ]

To さとうさん
今自分が所有してるものは一番細いところで20センチくらいです。
横乗りのスポーツとは言え、前足57度、後ろ足52度くらいで前向きに乗っているので、止まっている時にたまにバランス崩して立ちゴケします。走り出すと気になりませんけどね。

いつ出動ですか?その際はまたブログにアップして下さいね!

コメントありがとうございます。
[2012/01/06 03:43] URL | カナブン #- [ 編集 ]

To NishimuraMotors事務員さん
僕はウェア忘れたのは2回で、板忘れたのは1回あります。
忘れ症なんでしょね。チャックもそうだし・・・

と言うか、ヘルメット+モジモジ君ウェアってことはレーサーですか!すごいですね。僕はポール打ってあるとこ2回くらいしか滑ったことありません。今すると楽しいんだろうなぁとは思いつつも、危なそうだからフリランでいいやって思います。
スキー続けてて変わることがあるとしたら、ストレス発散の場所が増えたことと、お金の使い道が増えたことでしょうかw
根性は僕はありません。楽しいから滑ってるだけです。僕の周りにいた人で「スノーボード=レース」であって、レース辞めるのならスノーボードも辞めるというエクストリーム思考の人もいました。その人もスノーボード始めたころは楽しいから滑ってたと思うんですけど、いつの間にやら結果出すことがスノーボードをする理由になってしまったのでしょうか。人それぞれなんでしょうけど、日本の国旗背負って滑ってる訳でもないし、結果でないとメシが食えない訳でもないんだから、滑ってること自体だけを楽しめばいいんじゃないでしょうか。
根性出さなくても、楽しいスキーがまたできるといいですね!
(ちょっとでしゃばりました・・・スミマセン)

青春時代ですか・・・ スッパイですねw
僕の青春はどこに行ったんだろう・・・w

コメントありがとうございます。
[2012/01/06 04:02] URL | カナブン #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。