カナダで外人してます。アルペンスノーボードが大好物な野麦寺修行僧。日本から強制連行されたインコとイモリとオンタリオ・バリーで暮らしてます。


プロフィール

カナブン

Author:カナブン
カナダ・バンクーバエリアからオンタリオに引越しました。
日本の友達への近況報告のために書いてます。

◎スノーボード頑張ってます。
◎日本から連れてきたインコと暮らしてます。









スポンサードリンク



カテゴリ



最新記事



リンク



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






転職します。
まいど。






昨日、履歴書を送った会社のオーナーから午前11時ころに

電話がかかってきた。

「今日か明日、時間ありますか?」とのことで、面接したいとのこと。

次の日は仕事だったので、当日の2時に面接してきました。


場所は住んでるところから車で20分かからないところ。

Coilerのブルースの家の近く。

のどかな場所で、工場があるとは思えないような場所。

車を走らせると、オーナーの家だと思われる建物の

裏庭にその工場があった。


かなり小さい。

思わず、「マジ?これ?」と独り言。

JFK1.jpg

グーグルマップより。

JFK2.jpg

家の隣は馬が数頭・・・


工場の中に入ると、フライス盤や旋盤などがあった。

一人の社員に「面接があるんですが・・・」と説明したら、いきなり工場を

案内してもらえた。


しばらくしてオーナー登場。

ホットロッドのようなカスタムの40年代の古い車でやってきた。

身なりは普通のおじさん風な感じ。

で、このオーナーにも工場を説明してもらった。

その時作ってた製品は、車の燃料ラインなどのホースバンド。

アメリカはもちろん日本にも送ってるらしい。

ヨーロッパではベンツ、BMW、フェラーリもその部品を使ってるらしい。


そしてそのオーナーの話は続いて、設計システムの説明。

3次元CADのような感じのソフトを使用。


そして、「見せたいものがある」と外に連れ出された。

工場目の前にある特大ソーラーパネル。

それで電力を全てまかなってるそうだ。

後から知ったことだが、このオーナー、太陽発電の会社も持ってるらしい。


そして、オーナーの話笑。

NASAやフォード、クライスラーで働いてた超エリート。

おじいさんの代からTool and Die Makerという職業をしてて

小さいときからフライスや旋盤など使ってたらしい。


ここでようやく私の話に。しかし、まだ外。立ち話。

少し履歴書の話になり、フライスや旋盤などの使用経験や

製図ソフトの経験など聞かれた。

ほんの少しだけ。

仕事は君の経歴からだとそれほど難しくないよ。と言われ。

「以上を踏まえ、ここで働きたいと思う?」と聞かれた。

私は「英語がまだまだで、今までのキャリア上、工作機械は扱ったことがあるが

それが仕事ではなかったので、時間をもらえたら勉強します。」と回答。

で、オーナー 「じゃ、採用。初出勤は・・・」と(爆)

えーーーーっ、もう決まったの?と戸惑った。


そこからオーナーのことを更に詳しく聞かされた。

奥さんとは別れていて、子供もいない。

定年退職をしているが、仕事しなくてもお金には困らない。

困ってる人を助けるのが好きで、今まで就職に困ってる

私のような移民者や、ドラッグ中毒から復帰するも仕事に就けない人など

色んな人を仕事に就かせたらしい。

私の履歴書を見たときから採用したいと思ってたらしく、面接はただ

私を実際見て、私の意思を確認したかっただけだとのこと。

(後から聞いた話だが、求人は全くしてなかったらしい。たまたま送られてきた

私の履歴書を見て、採用してもいいかなと思っただけだったそうだ。)


狐につままれた感覚で、話を聞いてました。

そのオーナーは小さい会社をいくつか持ってて、みんな仕事に困ってる人を

採用して作った会社だそうだ。

私もTool and Die Makerという資格を取らせてくれるために雇ってくれたらしいです。

なんて寛大な人だ。


その後、趣味の話になり、バイクや車が好きなこと。スキーが好きなことを聞いた。

バイクのレースなども出てて、希望があればレースに連れてってあげるよと言ってもらった。

いっぱい知り合いがいるからピットにも入れるらしい。

私も鈴鹿スカイラインでにわか走り屋をしてたことも告げ、車もカスタマイズは好きだと言った。

スノーボードも全力で頑張ってると言うと、履歴書の趣味の欄を見たときから採用したいと

思ってたんだよ。と言われた。趣味を共有できるかもです。

プライベートゲレンデのメンバーだから連れってあげるよ。とも言ってもらえました。


バケーション時にはコテージに社員全員で行って遊ぶらしいです。

ソーラーパワーのボートや色々遊べるものがあるらしいです。


金持ちはすごいな。

と、思いました。

余裕がありまくりです。

人柄はかなり良さそうだし、この人になら真剣に働けそうです。



で、突如のことでしたが正社員採用されました。

正社員にこぎつけるまで約3年かかりました。

これでCoilerが買えそうです。


許可が出るなら、フローティングプレートやスケートボードのトラックなど

仕事場で作りたいですね。

スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。