カナダで外人してます。アルペンスノーボードが大好物な野麦寺修行僧。日本から強制連行されたインコとイモリとオンタリオ・バリーで暮らしてます。


プロフィール

カナブン

Author:カナブン
カナダ・バンクーバエリアからオンタリオに引越しました。
日本の友達への近況報告のために書いてます。

◎スノーボード頑張ってます。
◎日本から連れてきたインコと暮らしてます。









スポンサードリンク



カテゴリ



最新記事



リンク



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






米山
まいど。




今日は今年初のスケボーのスラロームセッションに

参加してきたカナブンです。


スラロームセッションでしたが、スラロームしてません。

今日は公園の駐車場をパイロンで仕切って

傾斜を利用してました。


下り坂が怖いので、スラロームしてる余裕がございません。

ブレーキの無い乗り物は苦手です。


ロシニョールのスケボー発見。

Bomber Onlineのどこかで見たことあるんですが

持ち主は友達のBorisでした。

Coquitlam-20120428-00501.jpg









米山ラケットことYONEXの来期のERACERいいみたいですね。

試乗したインプレ聞いたところよかったそうですし、

他ブログ見ててもいいって書いてありました。



ASシリーズと同じアウトラインですが、新型エラストマーを追加する事でボードが雪面に張りついたまま滑るような安定感がバツグンになりました。硬めのフレックスに強烈なエッジグリップが特徴のボードです。



と記載あり。


detail.jpg

世界水準です。

ゴムメタルがいいらしい?ですね。




ゴムメタルってなんだろう?


ゴムメタル』はトヨタグループのシンクタンクである豊田中央研究所が開発した新チタン合金で、ゴムのような性質を示します。
柔らかく、しなやかで、高強度で腰が強い。どんなに変形させても硬くならず、無限のプレス加工性を有します。

一般のチタン合金よりも遙かにさびにくく、軽く、限りなく人に優しい合金です。 自動車のスプリング、ゴルフクラブなどのスポーツ用品、人工骨をはじめとする医療機器、時計のケースなど用途は無限です。

当社は豊田中央研究所からライセンスを受け、その独占製造・販売をおこなっています。原料の調達から製品まで、新しい用途開発から商品化までトータルにコーディネートしています。



gomumetaru.jpg


弾性率


ゴムメタル特長 Q&A
http://www.toyotsumaterial.co.jp/pdf_files/gummetal/04_q_a.pdf



ラケットに使うと
無題




な感じだそうです。

弾性率が低いのに、強度があるっていうのは頭の中で理解できません。

材料力学を習ったか、その分野で働いてないと

あんまり分からないかもしれませんが、とにかく良いらしいですよ。(←適当)





チタン合金で思い出しましたが、昔働いていたところで

R(E) 4x2x3t

のチタン製の継ぎ手を作成してくれと、営業から無理な製作依頼が来て

それまでチタン製の偏心レジューサは4x2-1/2までしか

作ってなかったんですがトライしました。


チタンは加工がしにくいので難儀しました。


材料を依頼数の倍頼んで、試行錯誤してなんとか作りましたよ。

一人で。

半分くらいおしゃかにしましたけど。

まぁさすがに、偏心レジューサの管端部の開先加工は自分では無理なんで

人に頼みましたがね。



話がややこしくなりましたが、チタンって本当に加工難しいんですよ

って(過去の自慢話をおりまぜながら)言いたかっただけです。

プレス加工も過熱して行わないといけないし、削るのも高級なチップを

使わないといけないし、溶接も酸化しないように裏表ガスシールドを

しないといけなかったし、熱処理もかなり気を使うし。


でも、上記表には加工しやすいって書いてあって、何か変な感じです。

ものすごく気になる金属ですね。



そんなすごい金属使ってても、いままでのYONEXはパツンパツンの

板しか作ってこなかったのに、今になってしなやかな使いやすい板を

リリースするのは、どう気が変わったのか知りたいとこですね。


振動吸収性に優れていると聞きましたが、その点も気になるところです。





まぁ、絶対にこちらではお目にかかることなんか絶対ない板ですけどね。


お目にかからないで思い出しましたが、先日他ブログ様のところで

話に出たコレ↓

34758907_o1.jpg

に乗ったら、こっちでは間違いなくヒーローだなって話してたんですよ。

34758907_o2.jpg

コレ↑ですよ。コレ。

コレ↓ですよ。コレ。

fujin_raijin.jpg

日本に帰った時に何本か持ち帰って売ると、自分の板の購入価格くらいは

カバーできるのかもですね!

(何本か、という時点で無理がありますが・・・)


こっちでは、意地でも和製の板に乗ってたい気がします。

メイドイン ジャペン最高です。






話がそれすぎて長くなってしまいました。

興味がない人には全くもって面白くないネタだったに違いないでしょう。


今日のネタが理解できるのは師匠くらいでしょうね。




では、ここらへんで終わりたいと思います。





http://www.youtube.com/watch?v=b6Wq_f1dDFc&feature=player_detailpage


スノーボード ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。