カナダで外人してます。アルペンスノーボードが大好物な野麦寺修行僧。日本から強制連行されたインコとイモリとオンタリオ・バリーで暮らしてます。


プロフィール

カナブン

Author:カナブン
カナダ・バンクーバエリアからオンタリオに引越しました。
日本の友達への近況報告のために書いてます。

◎スノーボード頑張ってます。
◎日本から連れてきたインコと暮らしてます。









スポンサードリンク



カテゴリ



最新記事



リンク



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






Coiler 値上げ
まいど。






facebookに投稿した文そのまま掲載。


ブルースからの告知です。良い告知ではありませんが、本人は材料メーカーに掛け合ってますが、現在は平行線のままです。値上げになっても去年の送料が一本約$260だったのに対し、今は$140となっていますので、出た分をカバーしてるとは思います。(日本語説明文は英文の下に)
****************************************************************************************
At this time I have just found out that the Titanal we use in all our boards will become very difficult or maybe impossible to get in a reasonable small quantity. This affects all our designs as it is used in every board we make.
As of now a few of the board manufacturers are trying to come up with a solution but nothing is working out yet. The minimum order is now enough for 4500 boards which is way above most if not all of the manufacturers needs. Buying and storing it may not work as it has a surface treatment which is only good for about 2 years. Since the future of this type of metal board is now uncertain and I only have enough left for about 100 boards, all boards are now priced at $1000 cdn.
If I can purchase a new supply the price will drop but still be above the 2015 price as the low cdn dollar makes purchasing all materials very expensive.
If I can get a new supply, price will still have to go up to about $ 890 cdn.
*****************************************************************************************
丁度発覚したばかりなのですが、現時点でメタルの材料であるチタナールの入手が困難になってしまって、少量で安く手に入らなくなってしまいました。これは我々が製作する板全部に使われているので、全てのモデルに影響します。現時点で数社のスノーボード製作会社が一緒に解決をしようとしていますが、まだその解決策は見出せていません。現在の材料メーカーが提示する最小オーダー量はスノーボード4500本分の量で、全てのスノーボード製作会社必要とする量より遥かに大きい数字です。購入して保管するという方法もあるのですが、チタナールの表面処理の効き目が2年しかないのでうまくいかないと思われます。これからどうなるか分からない状況であるのと、今保有する材料はスノーボード100本分しかないということで、(新しい材料を購入する為に)これから作成する板を1000カナダドルに引き上げることにしました。
もし我々が新しい材料を購入できれば、価格はまた引き下げにはなりますが、今カナダドルが弱いので材料自体が高く、今までの価格までは引き下げられません。新しい材料での価格は890カナダドルくらいに引き上げになります。
申し訳ありませんが、ご了承願います。



結局、0.3mmのチタナールはスノーボード業界にしか卸してなく

(スキーはもう少し厚いのを使ってるらしい。)

儲からないから最小オーダー量を15倍に引き上げたらしいです。


チタナールは確かオーストリアで購入し、それを接着剤がのるように

表面加工するためにフランスに送り、その後やっとカナダに届きます。

その表面処理の効果は2年なので、2年分の量のチタナールを買うのですが

この件で30年分の材料を買えとの材料会社から言われたそうです。


あと30年ブルースが板作ってるとは思えないし、保管もきかない。

材料会社には他の会社と共に掛け合ってはいるが、無視されてます。

0.3mmを諦めて、0.4mm材を購入するという方法もありますが

二枚使うので、メタルが33%増しになります。

フレックスやトーションの問題、他の材料との兼ね合いを

また一からデータ取りする必要も出てきますし、0.4mm材だから

もちろん割高になります。


私個人的には0.4mm材に興味があり、その材料で作った板を

乗ってみたくてしかたないです。


とりあえず報告です。

おそらく0.3mm材は今まで通り購入できないだろうと

APEXの社長ヘンリーは言ってました。

なので、値上げは確実です。

が、送料がその分安くなったので、そんなに気になる程

総額は高くなってないです。

(送料一枚、約$260⇒約$140)


これからスノーボード業界はどうなるんでしょうかね。

スポンサーサイト





APEX x Coiler
まいど。








前から少し聞いてはいたんですが、こうなるとは思ってませんでした。

12243452_10153756598679252_7375169156443516503_n.jpg

12243263_10153756598729252_752897388919508716_n.jpg

10702220_10153756598704252_342685355077002036_n.jpg

購入はオンラインでできるようですね。

http://www.apexsnowboard.com/coiler-gecko-special-edition-snowboard.html

在庫を持ってるのですぐに送ってもらえるようです。

板長は174cm。

体重の設定は75~90kgとされてるので、82~83kgの人用で

それ以上の体重の人はやや柔らかく感じられ、それ以下だとすこし張りが

ある仕様になってるのかな。

板のモデルはNirvana。フリラン用です。

NirvanaはバランスとエナジーとVcamがありますがどれかは不明です。







Coiler Angry
まいど。







友達のゲイブが動画をyoutubeに上げたので紹介です。


板はAngry(アングリー)。

試乗用としては160cmと170cmがあって、私は長い方は乗ったことがあります。

Angry.jpg

特徴としては板幅が細い。

長さによって幅は変わりますが、18~19cm。

この試乗用のは18cmだったかな。

ビンディングの角度を65/55くらいにしないとドラッグします。

乗り方も骨盤を意識して前に向けて乗る感じです。

この板乗って、骨盤の向きの大切さが分りました。

板自体は少し柔らかいので、ハイスピードには耐性が薄い感じですが

友達のゲイブはいつものようにカっ飛ばしていたので、乗り手によるのでしょう。(体重?)




動画のほとんどは私が撮りました。




GoProを持って追走して撮るのは難しいです。

何が難しいかというと、接近しないと被写体が豆のように小さくなります。

これ↓はゲイブが追走して撮ったものですが、彼は鬼のように後ろに

ピッタリ付いてくるので被写体が大きく撮れます。



が、時折接近しすぎて軽く接触したり、激しく接触したり(笑)します。

私は撮ってもらってるときは、常に同じターン弧で同じリズムにして

どう動くか予想しやすいようにしてますので今のところ接触はありません。

違う友達はカメラがケツに当たった!近過ぎ!とか言ってました笑。



ソース: Bomber Online フォーラム
      http://forums.bomberonline.com/index.php?/topic/42126-coiler-angrry-160/





ニューモデル
まいど。




20150322_110404.jpg

グラフィックはまだですが、プロトタイプです。

レースモデルをベースとしたもので、少しフリーカーブ寄りに作ってあります。


スペックは

長さ: 179cm

板幅: 20.5cm

サイドカット: 13m/14m

レースモデルベースなので、あまりノーズロッカーはついてません。



レビューとしては・・・

レースモデルベースなので、フレックス・トーションがしっかりしていて

私の体重でもしっかり乗れる板でした。

トーションがしっかりしているので、急斜面でアイシーなコンディションでも

板を立てればガッツリ踏めるし、足元のフレックスがいいので

思い切り踏んでも曲がりすぎることなく、フルカーブができました。

板幅が少し広いのと、トーションが硬いので、低速では扱いにくいです。

スピードさえ出てしまえば、ターン後の板の反発がしっかり帰ってくるので

板幅気にならない切り替えしはできます。


コンディションを選ぶかもですが、こういう板が欲しかったです。

今の私の板はオールマイティーに使えるようにスペックを考えたので

急斜面では少し物足りなかったんですよね。


次購入する板を考える要素になりそうです。






Coiler試乗会 2/7・8 @野麦峠スキー場
まいど。




【試乗会】

Coilerの試乗会は野麦で2月7日と8日にしようと思ってます。

試乗会は、私が個人でデモボードを持って行くだけなので、テントも作業台も設置できません。

板の管理も難しいので、どうなるのか検討もつきませんが、それでも乗ってみたいという方は

是非、野麦峠スキー場までお越しください。



【場所】 野麦峠スキー場 http://gakutoresort.jp/

【日時】 二月七日・八日 午前9:30頃からレストハウス樹海前にて。

     (9:30以降は本人はチャンピオンコースを流してると思います。)

【試乗板】 3~5本 モデルは検討中です。決まり次第、こちらに報告します。
       
       基本的にはミドルサイズの板で170~176cmの板で

       レース用、フリーカーブ、EC用を検討中で、更に女性用の軟らかめの板か
  
       もしくはスノーボードクロス用の板も持っていけたらと思ってます。


私が見当たらない場合は、下記画像のジャケットの私を探すか、

carvink_20150109122242b3d.jpg


常連っぽいアルペンライダーに「カナブンはどこ?」だと聞くと教えてもらえると思います。

何度も申し上げますが、個人で板を持っていくだけで、テントも何もないので、

目印になるものが見つけにくいかと思います。

来ていただける方は前もってメッセージなどを頂けると、現地での連絡方法などをお伝えします。


宜しくお願いいたします。

※勝手な話ですが、私も滑りたいので宜しくお願いします笑。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。