カナダで外人してます。アルペンスノーボードが大好物な野麦寺修行僧。日本から強制連行されたインコとイモリとオンタリオ・バリーで暮らしてます。


プロフィール

カナブン

Author:カナブン
カナダ・バンクーバエリアからオンタリオに引越しました。
日本の友達への近況報告のために書いてます。

◎スノーボード頑張ってます。
◎日本から連れてきたインコと暮らしてます。









スポンサードリンク



カテゴリ



最新記事



リンク



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






インコもイモリも移住
まいど。







日本からカナダに来るときに手続きなど大変だったインコチン。

また帰るのに色々しないといけませんが、来たときよりマシです。


鳥インフルエンザ、ウエストナイル熱の関係でカナダ・オンタリオで21日間の

係留保管でこの2つの症状がないことを、カナダの政府機関であるCFIA

(Canadian Food Inspection Agency)からの衛星証明書を発行してもらう

必要があります。

詳しくは⇒ 厚生労働省の動物の輸入についてのリンク



去年の暮れまでは、インコ持込可能地域はカナダ(オンタリオ州を除く)になっていたのです。

2年前だったかにウエストナイル熱を蚊から検出したとかで、オンタリオでの係留保管は

認められていなかったので、バンクーバーに車で行って4週間ほど民宿みたいなところで

滞在して係留保管を受ける予定だったのですが、間際で規則が緩和されて助かりました。


21日間の係留保管とは、蚊の進入がなく、他の鳥や動物との接触のない施設(個人宅可)で

行うもので、特に大したことはないんですが、この期間中に獣医に来てもらって

検査をしないといけないとか聞きました(お金かかります)。

この21日間の係留保管後にもらえるCFIAから発行の衛生証明書と、労働厚生省に提出する

申請書を揃えて日本に帰国し、成田空港内の動物の輸入届出カウンターに提出します。


ややこしそうに聞こえますが、カナダに来るときよりずっとシンプルです。


ややこしいのは航空会社で、アメリカにはインコを持ち込むのは非常にややこしいので

アメリカ経由で帰ることは絶対できません。(処分されます)

AirCanadaは鳥を一緒に運ぶことはできません。貨物としてのみです。(別便)

なので、JALかANAになりますが、どちらともバンクーバーからしか出ていないので

バンクーバーまで行かないといけないんです。


イモリはどの航空会社もだめなので(なんで犬猫鳥が良くて、イモリがダメなのか分からない)

AirCanadaカーゴで貨物として別送します。

成田での受け取りになるのですが、ターミナルから離れているので

夕方に付く便しかないJALではその日の受け取りができません。

なので、成田で一泊して翌日イモリを受け取り、また夕方にセントレアに行くことになります。


と、いうことで・・・

バンクーバーまで鳥を手荷物として運べるのはWestJetのみなので、トロントから

バンクーバーまでWestJetで行って、国際線に乗り換えてJALで成田へ飛び

インコの手続きをして、成田空港近辺で一泊し翌日イモリを引き取りに

AirCanadaカーゴのある貨物エリアに行き、同日夕方にまたJALでセントレア行き。

という経路です。




イモリですが、来るときも書類の提出は必要なく、またもし帰るときにも必要ないとは

言われていたのですが、いつも親切に対応して頂いている厚生労働省の検疫衛生課の

ご担当者さんから、念のために確認してもらった方がいいですよと言われ

関税の電話番号を聞いたので、とりあえず電話しました。

そこにかけても詳しくはこちらでは分からないのでと言われ、他の機関に聞いて下さいと

その後たらいまわしにされたのは言うまでもないですが

結局、環境省 自然環境局 野生生物課 外来生物対策室と農林水産省 動物検疫所と

あと税関のなんだったかに電話したんですが、元々日本古来の固体のシリケンイモリなので

ワシントン条約のいわゆる「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」に

係わることもないので、書類もなにもいらないんですけどね。


「シリケンイモリはどうでしょうか」と聞くと詳しく分からないのでと言われ、とりあえず

ココとココとココに電話してくれと頼まれました。政府機関はいつも分からないとパニくりますね。

(ちゃんとした回答をしないといけないという責任感からでしょうね。)

適当に返事をされるカナダ政府機関よりずっとマシですけど。

カナダ政府機関の人なんて、人によってまちまちに規則を覚えてるので

聞く人聞く人違うことを言います。

ボスに聞いてメールで回答してもらわないと、言った言わないの話になります。


スポンサーサイト





モグちゃん
まいど。








日に日に可愛くなっていくモグちゃん。

かまって欲しいと飛んできます。

こちらから行くと飛んで逃げますが笑。


PPちゃんが好きだったココナツカップ。

今はモグちゃんが独り占め。



中に入って何が楽しいのか分かりませんが、時折中に入って遊んでます。


モグちゃんはリングのおもちゃが好き。

くちばしで掴んでワシャワシャやってます。




仕事で家を空ける時はいつも一人で可愛そうだなと思います。







二週間経ちました。
まいど。






PPちゃんがいなくなって、早くも二週間が経ちました。

もう何ヶ月も経ったように感じます。

20151212_214405.jpg

PPちゃん、形は変わりましたが帰宅しております。

モグちゃんの後ろの袋に入ってます。


モグちゃんはすごく甘えるようになりました。(前に比べて)



呼んでないのに飛んでくるし、おじぎしまくってますし(楽しいときのしぐさ)

ピウピウさえずってますし、本当にPPちゃんの性格を引き継いだような感じです。


心に穴が開いたような感覚がありますが、こうやってモグちゃんに修復してもらってます。





話は変わりますが・・・

仕事つまらんですね。

20151204_162829.jpg

自分でデザインしたものを自分でプログラム作っていうのであれば

やりがいもあるんでしょうけど、CNCの仕事は準備だけで機械が削ってる間は

他の機械の準備と掃除だけです。

20151203_095336.jpg

上のインディケーターのフレキシブルシャフトは自家製です。

50ドルとか80ドルとかもするらしいのですが、そんなものに出費できないので

ホームセンターで材料買ってきて、適当に作りました。

10ドルくらいでした。

材料余ってるので、遺骨ネックレスのペンダントでも作ろうかと思ってます。









ゴールデンフィンチ
まいど。








2ヶ月前くらいからフィンチ用にバードフィーダーを設置してます。

最初は全然こなかったんですが、来出すとわんさか来ます。



家族だと思いますが一度に7羽来ることもあって、見てる方は

とても嬉しい気持ちになります。


寒くなってからは3匹くらいしか来ませんが、ずっとバードフィーダーで

くつろいでます。大丈夫なのか?渡り鳥じゃなかったっけ?

エサがあるからって、いつまでもいてたらダメだぞと言い聞かせてます笑。



最近てんとう虫も家に入り込んできて越冬場所を探してます。

冬が来ますね♪






アフリカの動物が酔っぱらってる動画








インコーネット
まいど。







うちのインコチンズ、ネットにも慣れてきて遊ぶようになりました。



鈴とか付けるといいかもです。


部屋がもう少し広くて、本体のジャングルジムともう少し離しておけると

行き来するのに楽しめるのかもですが、部屋は大きくならないんですよね…



インコダディのお給料が日本でもらってたくらいもらえたら

もっと大きい家に住めたのにねぇ。

不甲斐ないダディですまぬ!







イモリ達は相変わらず元気です。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。